よくある質問「列車の運行」

列車の運行に関して多くいただくご意見・ご質問についてご紹介します。

Q:列車のダイヤはどうやって決めているのですか?
列車のダイヤは当社の専門部署がお客様のご利用動向や寄せられるご意見などを調査し、列車の運行に携わる各部門(乗務・駅務・保線・検査等)と協議を重ねてダイヤを編成しており、決定したダイヤを実行に移す日を「ダイヤ改定」と呼んでいます。他社線と相互直通運転を行っている路線では当社だけではなく他社とも協議を行いつつ新ダイヤを決定しています。
お客様からいただいたご意見はダイヤ編成・改善にあたって大きな参考となります。お気づきの点がございましたらご意見をお寄せください。
Q:「ダイヤ改正」と「ダイヤ改定」にはどのような違いがありますか?
どちらも列車ダイヤを変更するという意味では同じですが、当社では変更したダイヤがご利用になるすべてのお客様にとって利便性が向上するとは限らない(全体的には利便性向上を図ったものであっても利用形態によっては不便となる場合もある)ことから、改めて正すと書く「改正」ではなく改めて定めると書いた「ダイヤ改定」という表現を用いてお知らせしております。
Q:急行などの停車駅はどうやって決めているのですか?
各駅ごとのご利用状況、他の路線との接続、駅務関係部署からの情報、お客様からのご意見などを勘案し決定しています。
当社では定期的に調査担当の社員を各駅に派遣するなど様々な方法により駅ごとの利用状況を確認し、ダイヤ改定を行うと同時に停車駅の変更を実施する場合があります。この場合、いままで停車していた駅が通過となったり、またその逆となる駅が発生することがあります。
Q:ダイヤ改定を3月に行う理由は?
当社ではダイヤ改定を原則としてJRグループと同一日に実施しており、JRグループのダイヤ改正が3月に行われるため自動的に当社線についても3月にダイヤ改定を行っております。
Q:TRAIL線の終電と他社線の終電の接続は行っていますか?
遅延波及回避のため行っておりません。
乗換駅において他社線の終電が遅れている場合でも当社線の終電はそれを待たずに発車します。
当社線では23時以降駅および車内において乗換の案内放送を省略しておりますので他の路線へお乗り換えの際はお客様ご自身で乗換駅・終電発車時刻をご確認ください。
Q:列車種別を速い順に教えてください
寝台特急・ライナーを除き以下の通りとなります。
有料座席指定特急(Leaf等)>快特>特急(淵野辺線)=快速急行>急行>通勤急行>準急>各停
淵野辺線の特急と快速急行は同格として扱っています。
なお、ライナー列車の無料区間(アシストチケットが不要となる区間)については急行列車相当の所要時間・速度で運行しております。
※全ての種別が全路線で運行されているわけではありません。
Q:特定の列車(車両・形式)の運行ダイヤを知りたいのですが
当社では基本的に特定の車両・編成の運行ダイヤを公開しておりません。
運用変更や、ダイヤ乱れが発生する可能性もあるため、個別のお問い合わせにはお答えしておりません。ご了承ください。
Q:たまがわライナーの列車に運転士が乗っていないのですが...?
たまがわライナーは自動運転を行っているため乗務員がおりません。
緊急の際は車内備え付けのインターホンでお知らせください。
なお、訓練やその他業務上の都合で運転士が運転を行う場合がございます。この場合は最前部の座席がご利用いただけなくなります。
Q:淵野辺線の下り列車で行先が2つ出ていましたがどういう意味ですか
淵野辺線下り静中線直通列車において行先が2つ表示されている列車は、新静岡駅におきまして切り離し作業を行います。先に表示されている行先が前より6両の、後に表示されている行先が後より9両の行先を示します。例えば「西浜松・新静岡行き」の場合、前6両は西浜松行き、後9両が新静岡止まりとなり、放送においても同様の内容をご案内しております。
詳細はこちらをご覧ください。
Q:弱冷房車は何号車ですか?
淵野辺線の15両編成列車:3号車・13号車
淵野辺線の9両編成列車:13号車
淵野辺線の4・6両編成列車およびその他の路線:3号車
モノレール線:2号車
たまがわライナー:設定なし
当社線に乗り入れる他社所属車両については設定位置が異なる場合があります。

なお、ライナー列車については弱冷房車についても通常設定での空調運転となります。
特急列車・寝台特急には弱冷房車の設定はありません。
Q:空調の設定温度を教えてください
冷房:25度または26度(たまがわライナーは24度)
弱冷房車の冷房:28度
暖房については車内に設置している温度センサーによる自動運転を行っており、20度以下になると動作、22度以上になると停止します。外気温が低い場合、ドアの開け閉め等によって暖房の効き具合が悪くなる場合があります。

空調については車内の混雑率・天候・乗車位置・乗車時間・乗車区間・服装・体調など様々な要因で体感が人それぞれ異なるほか、「暑がり」「寒がり」という言葉があるようにすべてのお客様が快適と感じる環境を提供するのはほぼ不可能であると考えております。車内状況をもとに乗務員が適宜設定を変更しておりますが、お客様個人の「暑いから」「寒いから」といった理由での空調の変更については収拾がつかなくなる可能性があるため全てお断りいたしております。
今後とも快適な車内環境を提供できるよう努めてまいります。
Q:冬季期間中、弱冷房車の空調はどのような設定になっていますか?
暖房運転を行う場合は他の車両と同じ設定での運転となります。
Q:優先席はありますか?
各車両に最低1か所以上設けております。優先席には窓ガラスに青いステッカーを貼りつけているほか、オレンジ色のつり革を取り付けております。
Q:列車車内にインターネット環境はありますか?
当社が提供する無料サービス「TRAIL FREE Wi-Fi」および一部通信会社のWi-Fiサービスが全線でご利用いただけます。
※TRAIL FREE Wi-Fiの提供は当社保有車両および一部他社車両に限ります。通信は暗号化されておりませんのでご注意ください。
Q:携帯電話のマナーについて教えてください
車内ではマナーモード等音が出ないモードに切り替えていただき、通話はおやめください。
※通話は通常の回線による通話に加え、SNSアプリの通話機能も含みます。
優先席付近では混雑時には電源をお切りください。
また、スマートフォン等を含む携帯電話等の歩きながらの使用(いわゆる「歩きスマホ」)は大変危険ですのでおやめください。
Q:トンネル内で携帯電話の電波が繋がらないのですが
当社では携帯電話利用マナー悪化が懸念されるため、トンネル内(駅を除く)への携帯電話通信インフラを設置しておりません。全キャリア圏外となります。
駅構内ではご利用いただけます(4GLTE通信にも対応いたします)。
TRAIL FREE Wi-Fiはトンネル内でもご利用いただけます。
Q:列車が遅れて他の列車や飛行機に乗り遅れた場合補償はありますか?
当社ではお客様が当社線をご利用になった後の移動スケジュールや利用される交通機関等については一切関知しておりません。
列車の遅延や運転見合わせによって他の交通機関へ乗り遅れたことによる補償はいたしかねます。
普段より時間に余裕をもってご利用ください。
Q:遅延証明書はどこでもらえますか?
駅窓口で発行いたします。
発行できるのはその駅に乗り入れている当社の路線に限ります(例:六本木駅の場合淵野辺線と東京都心線)。他社線の遅延証明としての発行はできません。ご利用になられた会社線の窓口でお受け取りください。
なお、遅延証明書は列車が遅延していたことのみを証明するものであり、遅延によってお客様が被ったあらゆる損害について補償するものではありません。
Q:迷惑行為に遭った場合どうしたらいいですか?
お近くの係員・警備員にお申し出ください。必要と判断した場合は警察等と連携しつつ対処にあたります。
無関係な方(第三者)のむやみな介入は係員や警察による対応の妨げとなりますので迷惑行為を見かけた場合、お困りのお客様を見かけた時は係員にお知らせください。
Q:ベビーカーを車内に持ち込む際の注意点はありますか?
1:他のお客様のご迷惑とならないよう、車内の混雑状況にご注意ください。
2:閉まりかけたドアにベビーカーを突っ込みますと、ベビーカーが壊れ乗っているお子様がケガをする恐れがありますので無理な乗車は絶対におやめください。
3:混雑している際は状況により係員が畳んでのご利用をお願いする場合がありますのでご協力をお願いいたします。
4:車内では他のお客様の通行の妨げとなる場所に置かないでください。
5:お客様の責任においてご使用ください。破損に対して当社は一切の責を負いかねます。
Q:「通過待ち」「待ち合わせ」「連絡」にはどのような違いがあるのですか?
当社の駅係員・乗務員による放送および、自動音声によるご案内では「通過待ち」「待ち合わせ」「連絡」については以下の通りの意味で用いております。

「通過待ち」とは特定の駅に停車し、後からくる優等列車がその駅を通過してから発車することを意味します。この場合、通過待ちを行う駅で優等列車への乗り換えはできません。
「待ち合わせ」とは特定の駅に停車し、後から到着する優等列車が発車してからこの列車が発車することを意味します。この場合、その優等列車へ乗り換えることができます。
「連絡」とは主に優等列車において途中の停車駅で各駅停車や他の優等列車に乗り換えることができるときに用います。「接続」という表現をする場合があります。

この基準は当社独自のものであるため、他社線においてはこの通りの意味で使用しているとは限りません。
Q:駆け込み乗車をしてはいけない理由とは何ですか?
お客様ご自身がドアに挟まれケガをする恐れがあります。駆け込み乗車が発生するとドアを再度開けて閉め直したり、係員による安全確認を再度行う必要があるため、発車が遅れてしまいます。
結果としてごく少人数の方の身勝手な行動が、列車が遅れることによって同じ列車に乗車されている他のお客様のご迷惑となります。
発車ベル・放送が鳴り終わってからのご乗車はおやめください。
また、列車のドアはエレベーターやビルの入口に設置されている自動ドアとは違い、何かを挟んでも自動では開く仕組みにはなっておりません。車両故障や重大事故の原因となりますので手荷物をドアに挟んだり、無理に押さえたりこじ開けたりしないようお願いいたします。
当社では駆け込み乗車を安全を脅かす危険な行為と考えており、悪質な行為については運行妨害とみなし厳しい対応を取らせていただきますのでご承知おきください。
Q:なぜ「運転間隔の調整」として列車を遅らせるのですか?
特定の列車で遅延が拡大すると、駅構内(特にホーム上)において列車をお待ちになるお客様の人数が増え、通常よりも多くのお客様が乗車しようとするため、乗り降りにかかる時間が増大し遅延がさらに拡大してしまいます。
遅延している列車の前を走る列車では、途中駅において一旦発車を見合わせ、なるべく多くのお客様にご乗車いただくことで、遅れが拡大し混雑率が高くなっている後続列車への更なる集中を防止しております。また、遅延が拡大している列車の後ろを走る列車については途中の駅で同様に発車を見合わせ、駅間での長時間の停車を防止しております。こうした措置を「運転間隔の調整」と呼びます。
Q:なぜ電光掲示板に表示されている時間より前に列車のドアを閉めるのですか?
各駅の電光掲示板や時刻表に記載している時刻は列車がその駅を発車する時刻(ドアが閉まり、列車が動き出す時刻)であり、ドアが閉まる時刻や列車が到着する時刻を示すものではありません。
列車のダイヤは秒単位で決められており、例えば10時00分00秒発車となる列車は9時59分にドアが閉まります。
普段より時間ギリギリではなくゆとりあるご乗車をお願いいたします。また、発車ベル・サイン音が鳴り終わった後はドアが開いていてもご乗車はお控えください。
Q:女性専用車を他の路線に拡大できませんか
女性専用車の設定にあたっては、女性のお客様の積極的なご利用と男性のお客様のご協力が必要で、お客様に対してわかりやすい案内が必要であると考えております。ホームにおいて女性専用車設定車両が停車する位置には床面や柱に掲示を行うことでご案内しております。
列車ごとに設定位置にバラつきが出てしまうと思わぬトラブルの原因となることから、車種・連結位置がある程度固定できる線区・種別に限定して実施しております。
現在女性専用車を実施していない線区については、お客様へのご案内が徹底できなかったり、編成両数が短く設定できる余地がないことなどから、設定を見送っております。
Q:列車の写真を撮ってもいいですか?
基本的には禁止しておりませんが以下の点をお守りください。
1:列車に向けてフラッシュ・ストロボを使用した撮影は禁止
2:安全な場所(黄色い線の内側、車体に近づかない)での撮影
3:立入禁止箇所へ立ち入らない
4:三脚・脚立・自撮り棒の使用は禁止

また、業務上の都合により係員が撮影場所の移動、撮影を制限させていただく場合があります。列車の運行に重大な影響を及ぼすような事象については警察に通報させていただきます。
係員の指示・制止に従わない方は乗車券を無効として回収し(改札内の場合)、鉄道敷地内から退出していただきます。
撮影の際は他のお客様のご迷惑とならないようご配慮ください。
Q:線路際によく立っている信号機をTRAIL線では見かけないのですが安全面で問題ありませんか?
当社線は信号を列車の運転台に表示する方式(車内信号式といいます)を採用しております。信号で指示された速度以上の速度を出そうとしても自動的にブレーキがかかります。安全性に問題はありませんのでご安心ください。
Q:運転室後ろのカーテンを全て閉めるのはなぜですか?
当社では乗務員室と客室の間にある窓のカーテンは当社線内全線において運転中は全て閉じた状態とさせていただいております。これは客室内の照明がフロントガラスに反射してしまう現象を防ぎ、視認性を確保すると同時に乗務員のプライバシー保護・プレッシャー軽減のために行っております。
乗車中、前方の景色をご覧になりたいお客様がいらっしゃる点は承知しておりますが、安全確保のため行っている措置でありますため、ご理解いただきますようお願いいたします。
Q:特急列車で降りる駅に到着する前に起こしてもらえるサービスはありますか?
乗務員は駅到着・出発の際に安全確認を行うため、そのようなサービスは行っておりません。
Q:列車車内に自転車は持ち込めますか?
原則として持ち込めません。
例外として、解体した自転車または折りたたんだ折りたたみ自転車で、縦・横・高さ3辺の合計が250cm以内かつ重量が30kg以内であれば車内に持ち込めます。持ち込む際は専用の袋に必ずお入れください。また、車内では他のお客様のご迷惑とならないようご注意ください。
Q:東海地震に関する情報が発表されたとき、列車の運行に影響はありますか?
政府より東海地震に関する警戒宣言が発令された場合、当社では以下の区間で運転を中止させていただきます。
淵野辺線:淵野辺~新静岡
都市東西線:中山~湘南台
この区間内を走行中の列車は速度を落として運行し、原則として最寄りの駅で運転を中止します。

これ以外の線区においても一部列車で行先の変更や運休となる場合があります。
また、有料座席指定特急は警戒宣言発令時点で以下の列車の運転を中止します。
Leaf/Morning Leaf/Evening Leaf 全区間全列車
CYGNUS 新宿~湘南台間(東京・新宿始終着列車は平常運行)
GINZAエクスプレス 全区間全列車
寝台特急美ら海 全区間
Q:弾道ミサイルの発射情報があったとき、列車の運行に影響はありますか?
当社では政府から伝達される全国瞬時警報システム(J-ALERT・Em-Net)などにより、弾道ミサイル発射に関する情報を受信した場合列車の運行を見合わせる場合があります。
詳しくはこちらをご覧ください。