TRAILトレインネットワーク

※上の図は路線ネットワークの概略図です。複数路線が並走している区間について一部表記を省略しています。また、作図の都合上地理関係を一部無視しています。

TRAIL線は東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の1都4県に総延長720.7km(営業キロ)・270駅の路線ネットワークを有します。

(注)掲載している路線図では、乗り換え路線の表記を基本的に省略、また直通運転についても一部省略しています。

横羽線 Yokohane Line(YH) 67.6km
東京駅を起点とし、東京湾西岸に位置する羽田空港・横浜・鎌倉を経由し神奈川県葉山町の葉山中央駅までを結びます。都心から羽田空港へのアクセスルートとして機能するほか、みなとみらいや横浜中華街、鎌倉をはじめとする湘南エリアへの観光路線としてもご利用いただいております。
東京都心線・上尾線との3線直通運転により大宮~池袋~六本木~品川~葉山中央を1本の列車でつなぎます。
淵野辺線と並び当社の主軸となる路線(本線)として位置づけられており、東京駅構内には淵野辺線と共通の0kmポストが設けられています。

他社線との相互直通運転:
つくば高速鉄道 東京~取手
NR線 取手~つくば~真岡鷺谷~宇都宮・一ノ沢
特急列車に限り真岡鷺谷~会津若松および札幌まで

淵野辺線 Fuchinobe Line(FC) 172.0km
東京駅を起点とし、六本木・渋谷・二子玉川を経た後多摩地区、本厚木、小田原、箱根を経由して静岡県静岡市の新静岡駅までを結ぶ当社最長の路線です。横羽線とともに当社線の主軸路線(本線)として位置づけられています。
東京側と静岡側で輸送体系が全く異なり、4両編成から15両編成まで多種多様な列車が運行されており、運行されている車両の種類が最も多くなっています。
沿線にはオフィス街、ベッドタウン、観光地など様々なスポットがあり、それらすべての需要に対応するべく特急列車の運行本数が全路線で最も多くなっています。

他社線との相互直通運転:
静岡中央電鉄本線 新静岡~西浜松
静中豊橋線 西浜松~豊橋(特急列車のみ)
静中御前崎線 藤枝~御前崎(直通列車は新裾野以西で運行)

路線図について:
路線長の関係から全線を以下の区間で2分割しております。
上図:東京~新裾野間 下図:新裾野~新静岡間
種別表記...青線:各停 赤線:急行 橙線:特急 緑線:快特
※TR箱根~新裾野間では急行列車の運行はございません。

急行列車の山崎団地駅停車/通過について

  • 平日ダイヤ運転日の(山崎団地駅基準)初電~10時・18時~終車に限り、急行列車は山崎団地駅に停車いたします。
    停車する列車と通過する列車で表示が若干異なりますのでご注意ください。
    停車する列車のダイヤについては時刻表をご覧いただくか駅係員にお尋ねください。

    土休日ダイヤ運転日は終日通過いたします。各駅停車をご利用ください。

    参考:列車の行先表示器における表示の違いについて(イメージ)
練馬線 Nerima Line(NE) 56.1km
練馬駅を起点とし、高円寺・渋谷・大井町・台場を通り東京ディズニーリゾート最寄り駅の南舞浜駅からは海沿いを走り海浜幕張駅までを結びます。
東京23区西部・埼玉県方面からお台場・羽田空港・千葉方面への直結ルートとして多くの方にご利用いただいております。

赤線は急行 青線は各停
橙線・緑線は淵野辺線直通特急・快特
都市東西線 Toshi-Tozai Line(EW) 91.5km
神奈川県藤沢市の湘南台駅より港北・都筑地区、二子玉川、下北沢、新宿、東京、船橋を経由し千葉駅までを結びます。その名の通り東西あらゆる方向に位置する様々な街を結んでいます。二子玉川~新宿間では淵野辺線からの直通列車が乗り入れるほか、船橋駅から空港線に入ることで成田空港への直通列車を運行、空港アクセス路線として特急列車も運行しています。
駅ナンバリングで使用する「EW」は都市”東西”線から東と西の英単語「East」「West」の頭文字から取っています。

他社線との相互直通運転:
かながわ鉄道 港北中央~上大岡(直通列車は新宿~上大岡間で運行)

路線図について:
路線長・駅数の関係上新宿を境に路線図を2分割しております。
通勤急行は東京~千葉間は急行または各駅停車に種別を変更して運転します。
準急は湘南台~新宿間および晴海線直通列車のみの運転となっております。
淵野辺線直通列車は全列車新宿駅発着となります。

空港線 Airport Line(AP) 83.1km
羽田空港国際線ターミナル駅より大井町を経て台場~南舞浜間はほぼ練馬線と並行、その後浦安・船橋・ユーカリが丘を経て成田空港までを結びます。両端の駅が空港という特異な路線で都市東西線に乗り入れ東京・新宿方面へ、横羽線へ乗り入れ横浜方面へ直通の特急列車を運行しています。

成田空港第3旅客ターミナルへおいでのお客様は空港第2ビル駅でお降りください。

上尾線 Ageo Line(AG) 52.7km
南小岩駅より東京スカイツリー・浅草・御徒町・池袋・大宮を経て上尾駅までを結びます。
池袋~大宮間では横羽線からの直通列車が乗り入れ大宮・川越方面と羽田空港・横浜方面の移動利便性が大幅に向上しました。

他社線との相互直通運転:
川越電鉄線 上尾~川越
NR越生線 川越~越生

青線:各停 桃線:通勤急行 赤線:急行 紫線:快速急行
上尾または川越を境に列車種別を変更する場合があります。
川越電鉄線内では快速急行が橙色に、各駅停車は灰色表示となります。
黄色の←印は上尾方面行き列車のみ停車を示します。
※南小岩・千葉方面行きの通勤急行は池袋から各停に変更して運行します。
東京都心線 Metropolis Area Line(MP) 13.1km
品川駅より六本木・赤坂・市ヶ谷を経由し池袋駅まで文字通り東京の都心部をつないでいます。
品川駅からは横羽線へ、池袋駅からは上尾線へ乗り入れ、3線直通運転によって大宮方面~横浜方面を1本でつなぐ列車を運行しています。
都心の中心部を走ることから、英語名称は「Tokyo Toshin Line」ではなく「都心地域」を強調するため「Metropolis Area Line(MP)」としています。
快速急行と座席指定特急を除いて横羽線や上尾線から乗り入れる急行・通勤急行は本路線内は各駅停車として運行しています。
晴海線 Harumi Line(HR) 12.3km
新宿駅より国立競技場、銀座、勝どきを経て有明駅までを結びます。
新宿・銀座という2大スポットを直結で結び、現在移転問題でニュースとなっている築地市場および豊洲新市場の双方にもアクセス可能となっています。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアム(新・国立競技場)と勝どきに建設される選手村、メディアセンターが設置される有明(東京ビッグサイト)を直結かつ最速で結ぶためオリンピック期間中は重要な役割を果たすこととなりそうです。


特急GINZAエクスプレスを除き、線内を運行する列車は全列車各駅停車として運行
一部列車は国立競技場で特急の通過待ちを実施
戸部線 Tobe Line(TB) 33.3km
羽田空港国内線ターミナル駅から新横浜駅を経由し北戸塚駅までを結びます。
新横浜駅では東海道新幹線に乗り換えができるほか、近くに立地する横浜国際総合競技場や横浜アリーナでイベントやスポーツの試合がある際はアクセス路線となります。


営業列車は全て各駅停車として運行
北戸塚駅とJR線/地下鉄 戸塚駅との間で乗り継ぎの取り扱いは行っておりません。
板橋線 Itabashi Line(IT) 74.2km
羽田空港国内線ターミナル駅から蒲田・田園調布・八幡山など環状八号線の地下を通ったあと埼玉県に入り蕨・鳩ケ谷を経由して流山おおたかの森駅までを結びます。環八通り沿いの既存鉄道駅間を道路渋滞に左右されずに移動できるフィーダー路線として機能するほか、埼玉県南東部へのアクセス路線としてご利用いただいております。


赤線:急行 青線:各駅停車
葛西線 Kasai Line(KA) 33.0km
葛西線は鳩ケ谷から西新井、亀有、南小岩、葛西を経由し南舞浜駅までを結びます。
板橋線と接続する鳩ケ谷から東京都の城東地区を概ね環状七号線に沿って縦断、この地域で唯一の縦断ルート路線としてご利用いただいております。

モノレール線 Monorail Line(ML) 18.7km
下北沢駅より三軒茶屋、学芸大学を経て川崎駅までを結びます。全線で急行運転を実施するほか、多摩川大橋~川崎間ではたまがわライナーと並行していることから、「モノレールと新交通システムの並走」が見られます。
たまがわライナー Tamagawa Liner(TL) 29.7km
当社唯一の新交通システム(AGT)路線として建設されました。
武蔵野市役所駅より川崎駅までを結びます。路線南半分で並行する多摩川から名前がつけられました。三鷹(JR中央線)・仙川(京王線)・成城学園前(小田急線)・二子玉川(都市東西線)で新宿方面へ向かう路線と接続するフィーダーとしての役割を担うほか、田園調布駅で板橋線と連絡し三鷹方面からの羽田空港アクセスにも貢献しています。
鉄道空白地帯が多い地域を本路線で結ぶことで移動利便性が大幅に向上しました。また、沿線に多く点在する学校への通学手段として朝・夕は多くの学生が利用することから、混雑緩和のためTRAIL線で唯一土曜日の通学時間帯に列車を増発する「土曜日ダイヤ」を実施しています。

臨時列車を除き、営業列車は全て各駅に停車いたします。

かながわ鉄道線


かながわ鉄道線は磯子~多摩センター間および中多摩~淵野辺間を結びます。
港北中央駅より一部列車がTRAIL都市東西線に乗り入れ、新宿~上大岡間で直通列車を終日運行しております。

急行は土休日ダイヤ運転日に限りこどもの国駅に停車いたします(こどもの国休園日を除く)。
TRAIL線内通勤急行で運行する列車はかながわ鉄道線内では急行となります。
TRAIL線内準急となる列車はかながわ鉄道線内では各停となります。