きっぷ案内

乗車券の種類・効力などについてご案内いたします。

普通乗車券

各駅券売機ではその駅からのきっぷを発売いたします。
運賃は経路を指定しない限り、発駅から目的地までの最短経路を元に算出いたします。
発売当日限り有効で、購入翌日以降はご利用いただけませんが、各駅窓口および一部の券売機では使用日の1か月前から発売いたします。
普通乗車券は当社線内に限り有効です。他社線では利用できません。
(例:新宿駅から小田原駅までのTRAIL線乗車券では、小田急線への乗車はできません)

  • 途中下車される場合
    「途中下車」とは乗車券有効区間の途中で改札を出ることを指します。
    乗車券に「下車前途無効」と記載されている場合、途中下車した後の残り区間は無効となります。差額の返金は一切いたしません。
  • のりこしをされた場合
    ご乗車になった駅から降車駅までの運賃と、購入された乗車券の運賃を比較し、不足している場合は差額をいただきます。超過している場合、差額の払い戻しはいたしません。
  • きっぷを買い間違えた場合
    券売機で乗車券を間違えて購入された場合、直ちに係員にお申し出ください。ご希望の乗車券に無手数料で変更いたします。この場合、不足している場合は差額をいただきます。新しい乗車券の運賃が旧乗車券の運賃より安い場合は差額を払い戻します。
  • 払い戻し
    乗車券使用開始前かつ、有効期間内に限り購入された駅で承ります。この場合、手数料として130円をいただきます。(払い戻し額がない場合もあります)
  • 乗車券を紛失された場合
    入場後、乗車券を紛失された場合は係員にお申し出ください。
  • 小児運賃の計算
    小児運賃は大人運賃の半額、10円未満の端数は切り上げます。

普通運賃計算の特例

  • 下図の区間内を発着・通過する普通乗車券については、実際に乗車された経路に関わらず、最も安くなる経路で計算した運賃を適用いたします。重複しない限り経路は自由に選べますが、途中下車される場合は実際に乗車された区間の運賃と比較し、不足する場合は差額をいただきます。
    ※定期乗車券は実際に乗車される経路をもとに運賃をいただきます。
    ※図中のJR山手線の表記は位置関係をわかりやすく示すためのものであり、本制度には関係ありません。

他社線連絡乗車券

券売機にて発売しております。発売当日限り有効、購入翌日以降の使用はできません。
1枚の乗車券で、そのまま他社線へご乗車が可能な乗車券を発売しております。
発売範囲等詳細は駅係員にお尋ねください。

  • 以下の会社線への連絡乗車券の場合、ご利用区間によって一定額を割引いたします。
    (乗車区間によっては割引がない場合もございます。)
    静岡中央電鉄線(下図参照)
    つくば高速鉄道線
    当社線を介して静中線とつくば高速線をまたいでご乗車の場合、ご乗車経路に応じた無割引の普通運賃が各社ごとにかかります。
    接続駅から当社線初乗り区間内⇔接続駅⇔接続駅から他社線初乗り区間内相互発着の場合(※)
    ※ JR東日本・JR東海との乗り継ぎでは適用されません。
  • 運賃表に掲載されていない路線・経路・駅への乗車券は販売しておりません。

静岡中央電鉄線との乗り継ぎ割引について

  • 下図の区間内相互発着となる乗車券については、ご乗車になる営業キロに応じて両社の運賃の合算額から一定額を割引きます。
    図の範囲外の駅発着となる乗車券については対象となりません。

ICカードご利用時の運賃について

  • 当社では「ICカード1円単位運賃」は導入しておりません。紙の乗車券・ICカードともに当社線内をご乗車の場合運賃に差はありません。
    ただし、1円単位運賃を導入している他社線へ乗り継がれる場合、合計額がご利用の乗車券によって変動する場合がありますのでご注意ください。

回数券

お客様の利用スタイルに合わせて、普通回数券、時差回数券、土・休日割引回数券の3種類をご用意しております。一部を除き、金額式ですのでTRAIL線のどの駅からでもご利用いただけます。
他社線ではご利用いただけません。他社線へ乗り越された場合、接続駅からの普通運賃が別途必要となります。
発売額は普通運賃の10倍、有効期間はいずれも発売日から3か月となります。
各駅券売機にて発売しております。

  • 普通回数券
    1組11枚 終日ご利用いただけます。
  • 時差回数券(大人用のみ)
    1組12枚 平日ダイヤの10時~16時・土休日ダイヤの終日ご利用いただけます。
  • 土・休日割引回数券(大人用のみ)
    1組14枚 土休日ダイヤの終日ご利用いただけます。
  • たまがわライナー専用土・休日バリュー回数券(区間式)
    1組16枚 土休日ダイヤの終日、たまがわライナー全線・モノレール線川崎~多摩川大橋間のみでご利用いただけます。その他の区間とまたがってご乗車の際は通常の土・休日割引回数券をご利用ください。
    本回数券は区間式(利用区間を指定)で発行いたします。券面区間外へ乗り越された場合は乗り越した区間の普通運賃を別途いただきます。また、入場後たまがわライナー以外の各路線(モノレール線多摩川大橋~川崎は除く)へ乗り越された場合は券面区間から外れた駅~降車駅までの普通運賃を別途いただきます。

通学用割引普通回数券について
指定学校のうち、次の通信教育を行っている学校の生徒・学生が面接授業・試験のために通学される際に発売いたします。
本回数券は区間式で発行いたします。券面表示区間外へ乗り越しをした場合、乗り越した区間の普通運賃が別途かかります。
定期券うりばのみでの発売となります。購入される際は学校側が発行する旅客運賃割引証をお持ちください(割引証発行手続き・発行条件については学校側にお問い合わせください)。
放送大学:3割引(3か月有効)
通信教育(高等課程):5割引(6か月有効)

●特定運賃区間の回数券について
特定運賃を導入している淵野辺線 東清水~新静岡間相互発着の回数券(大人220円区間)は新裾野~新静岡間各駅券売機および当社線定期券うりばで発売いたします。
220円区間の回数券は静岡県内以外の当社線全線においても通常通りご利用いただけますが、220円未満の区間でご利用の際は出場時に回収、差額の払い戻しはいたしません。

回数券を払い戻しする際は、購入された金額から使用された枚数分の普通運賃と手数料220円を差し引いた額を払い戻しいたします(払い戻し額がない場合もあります)。
間違えて違う種類の回数券を購入された際は購入当日中に購入された駅の係員にお申し出ください。ご希望の回数券に無手数料で変更いたします。


定期券

定期券の種類・購入方法等については以下の通りとなります。
通勤・通学ともに定期券は使用開始日の14日前より発売いたします。
定期券は改札機に通して使う「磁気定期券」とICカードに情報を記録する「IC定期券」の2種類があり、後者は紛失した際も再発行が可能です。

  • 通勤定期券
    新規購入の際は「定期券」表示のある各駅券売機でお求めください。
    継続購入の場合も同様に「定期券」表示のある券売機でお買い求めいただけますが、お持ちの定期券が当社以外(JR東日本・東京メトロ等)でお買い求めになられた場合は購入された会社の窓口でお手続きください。
  • 通学定期券
    新規購入の際は学校が発行する「通学証明書」または「定期券購入兼用の学生証」をお持ちの上、定期券うりばで所定の用紙に必要事項をご記入の上ご提出ください。
    通学定期券は自宅から学校に通学するために、ご自宅最寄駅~学校最寄駅の間で購入いただくことが条件となっております。部活動・塾・アルバイト等のための購入はできません。
    ご自宅最寄駅~学校最寄駅までの間で、次の条件に当てはまる経路に限り発売いたします。
    1:ご乗車距離が最も短い経路
    2:ご乗車時間(乗り換えを含む)が最も短い経路
    3:定期運賃が最も低廉となる経路
    ただし、止むを得ない事情があると当社が認めた場合はこの限りではありません。

    継続購入の場合、同一年度内であれば通勤定期券と同様に「定期券」表示のある券売機でお買い求めいただけますが、お持ちの定期券が当社以外の事業者で購入されたものである場合または有効期限が4月30日を超える場合は定期券うりばへお越しください。

  • 定期券購入時に以下のクレジットカードがご利用いただけます。
    VISA・Mastercard・JCB・AMEX・ダイナース・DC・UC
    ※ご利用の際は暗証番号の入力が必要となります。
  • 以下の駅では定期券を販売しておりません。周辺の他駅および定期券うりばをご利用ください。
    上尾・西久保・若葉町・次太夫堀公園・吉沢・上野毛三丁目・野毛・田園調布五丁目・ガス橋緑地

複数路線が並行する区間での特例

  • 以下の複数のTRAIL線が並行する区間では乗車券の券面記載路線にかかわらず、選択乗車が可能です。(定期券を含む)

    横羽線・空港線 大井町~羽田空港国際線ターミナル間
    練馬線・空港線 台場~南舞浜間(舞浜~南舞浜間は葛西線も含む)
    羽田空港国内線ターミナル~羽田空港国際線ターミナル間を経由する各路線
    モノレール線・たまがわライナー 多摩川大橋~川崎間
    ※「たまがわライナー1日乗車券」「たまがわライナー専用土・休日バリュー回数券」をお持ちのお客様もこの区間に限りモノレール線をご利用いただけます。

振替輸送

輸送障害等が発生した場合、当社が指定した他社線への迂回が可能となる制度です。
詳細についてはリンクボタンよりご案内ページをご覧ください。

おトクなきっぷ

お出かけに便利なおトクなきっぷをご紹介いたします。

団体乗車券申し込みについて

25人以上(学生団体は25人以上の生徒と教職員)で、同じ区間を一団となってご乗車される場合、団体として普通運賃が割引となります。
出発日の1か月前より受付いたします。行程が決まりましたら、当社線各駅事務室にて配布している「団体旅行運送申込書」に必要事項を記入の上提出しお申し込みください。
(注)学生団体として申し込む場合、申込書に教育長印もしくは学校長印の押印が必要です。
利用時間・経路および特急列車の空席状況によってはご希望に添えない場合もございます。

以下の駅では団体旅行運送申込書の配布を含め、団体乗車券申し込みのお取り扱いはできません。
若葉町・次太夫堀公園・吉沢・上野毛三丁目・野毛・ガス橋緑地(周辺各駅で受付)
上尾(大宮駅にて受付)
団体の発着駅として、および団体乗車券の発券・受け取り駅としての指定は全駅で可能です。
受付駅へ向かうため列車にご乗車される際は、受付駅までの乗車券を購入し、受付駅到着後改札窓口にて乗車券を提示し団体乗車券の手続きを行いたい旨お申し出ください。手続き後に運賃を払い戻し、無料でお戻りいただける乗車証をお渡しいたします。

他社線へ乗り継がれる場合、当社と直通運転している各社および一部他社線については当社にてまとめて手配・発券が可能です。それ以外の各社についてはそれぞれの窓口へお申し込みください。

団体人数が25人未満の場合、原則として学生団体は適用されませんが、例外として以下の条件をひとつでも満たす場合人数にかかわらず学生団体として扱います。
1:へき地教育振興法第2条(昭和29年6月1日法律第143号)第2条に規定される「へき地学校」として市町村教育委員会が証明した場合
2:1学年の児童・生徒の在籍人数が25人未満である
3:正規の学校教育活動として実施される1学年を単位とした旅行であり、それを証する教育委員会に提出した年間行事計画書または修学旅行・遠足等の届出書面の写し等があること

割引率は下表の通りとなります。
(注)運賃以外(特急料金・スカイシート券料金等)は割引となりません。

団体区分 人数 割引率 無賃扱適用人数
普通団体 25人以上
300人未満
1割5分引 構成人員が51~100人
の場合は1人
  300人以上 2割引 構成人員が101人以上
の場合は2人
学生団体 25人以上 3割引 なし

おからだの不自由なお客様の旅客運賃について

おからだの不自由な方(身体障害者・知的障害者)と介護される方が当社線内で同一区間を利用する場合は下表の割引率に応じて旅客運賃が割引となります。
おからだの不自由な方が単独で乗車される場合は割引は適用されません。

特急料金などの運賃以外の諸料金については割引対象外となります。
企画券(1日乗車券・フリーきっぷ)についても割引にはなりません。

割引乗車券は各駅窓口にて発売いたしますので窓口係員までお申し出ください。
小児用普通乗車券で代用した場合、ご利用経路によっては正しい運賃が収受できないためご面倒でも窓口にて乗車券の発行をお受けください。
割引乗車券でご乗車の際、下車駅出場の際は改札機をご利用ください。
他社線との連絡乗車券は販売しておりません。接続駅までの乗車券をお買い求めください。
乗車券購入および乗車の際は障害者手帳の原本を必ず係員にご提示ください。
手帳不所持およびコピーなど原本でないものを提示された際は割引の適用をお断りいたします。
ICカードをお持ちのお客様の場合、入場時は改札機タッチでご利用いただけます。目的地駅/乗換駅出場時に手帳とICカードを係員にご提示ください。

割引率は下表をご覧ください。
表中の手帳の種別(第1種・第2種)については、お手持ちの手帳に記載されている「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」欄をご覧ください。記載がない場合は手帳の発行主(自治体)までお問い合わせください。


手帳

種別
本人

区分
介護者の有無   乗車券 回数券 定期券
第1種 大人 なし 本人 - - -
    あり 本人 5割引 5割引 5割引
      介護者 5割引 5割引 5割引
※1
  小児 なし 本人 - - -
    あり 本人 5割引 5割引 ※2
      介護者 5割引 5割引 ※1
第2種 大人 なし 本人 - - -
    あり 本人 - - -
      介護者 - - -
  小児 なし 本人 - - -
    あり 本人 - - ※2
      介護者 - - ※1・3
  • ※1 介護者の方が通学定期乗車券の使用資格者であっても、割引通勤定期券をご利用ください。
  • ※2 小児定期券の割引適用はありません。
  • ※3 おからだが不自由な方ご本人が12歳未満の場合、介護の方に対して割引定期券を発行します。

入場券

列車に乗車する以外の目的で駅構内に入場される際は入場券が必要となります。
入場券で列車車内への立ち入りはできません。列車に乗車された際は乗車駅から下車駅までの普通運賃を別途いただきます(入場料金を運賃精算に充当することはできません)。
列車に乗車せず、改札内の店舗(いわゆるエキナカ)のみをご利用の際にも必要となりますのでご注意ください。

発売額:大人130円 小児70円
各駅自動券売機にて発売しております。
発売後2時間以内に限り有効 2時間を経過するごとに再度入場料金をいただきます。

定期券・ICカードは入場券として使用できません。


 

フェアスルーシステムのご案内

  • フェアスルーシステムとは、目的地までの乗車券を正しくお買い求めいただくため、自動改札機を利用して乗車券に入場・出場の情報を記録し、乗り降りを確認させていただくシステムです。
    以下のような場合、改札機の扉が閉まりますので係員にお知らせください。

    入場記録のない乗車券で出場する場合
    入場から出場までに長時間経過した場合
    入場または出場が短時間に繰り返された場合